post town toride revival

作品140620のコピー

取手市が歴史的に担ってきた「交通の要衝」としての特徴を発展させるための駅前計画の提案である。電車の駅と道の駅を融合した施設を構想し、パークアンドライド方式を採用して大規模駐車場を備えることにより、近郊の最寄り駅の遠い自動車利用者の取手駅利用率を高め、その「中継点」としての機能を高める計画とした。利根川の氾濫によって形成された高低差のある地形を生かしながら、市民の憩いの場となる緑豊かな屋上庭園によって全体を統合するデザインとした。

宿場町取手復興計画(2010) 羽藤広輔

取手駅西口地区まちづくり企画提案公募「入選」受賞