Kosuke Hato+Architectural Design Lab.

空間デザインの理論と実践
羽藤広輔+建築意匠研究室では、建築や家具など人間の生活空間に関わるもののデザインについて、理論と実践の両面から取り組んでいます。前者では、特に昭和期建築家が展開した伝統論などの言説と建築設計を中心とした制作活動の関連について研究し、後者では、建築設計や家具デザインの実践、設計競技への参加を通じて、空間デザインの新たな可能性を模索しています。
研究キーワード:近代建築史、建築意匠、空間デザイン
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/engineering/labo/teacher.html?t=t69787
hato2住宅設計の際に制作したコンセプトモデル。家具として使用することもできる、スケール横断的なオブジェクトになっている。
レビュー『コンフォルト』(2011.2)に寄稿した白井晟一展レビュー記事。習書の取り組みについても触れた。